- アングリングログ -

Angling Log

テクニック&アイデア

ワールドシャウラシリーズやスコーピオンシリーズの番手表記を読む

投稿日:

このブログ記事ではシマノのロッド、ワールドシャウラシリーズやスコーピオンシリーズの番手表記の読み方について解説致します。

ワールドシャウラシリーズやスコーピオンシリーズの番手表記がイマイチ分からないという方がこのブログ記事を参考にしていただけたら幸いです。


ラインナップ

2020年12月現在、ワールドシャウラシリーズはオリジナルモデルのワールドシャウラに加え、ワールドシャウラ テクニカルエディション・ワールドシャウラ ドリームツアーエディション・ワールドシャウラBGの4種展開となっています。
スコーピオンシリーズは2ピースモデルと5ピースモデルが同一アイテムとして1種展開です。


ワールドシャウラ[WORLD SHAULA]

深紅の衝撃は止まらない。
日本、そして世界のフィールドを駆けて辿り着いた、バーサタイルの新たな境地。

世界中のありとあらゆるルアーターゲットに対応するため、機能を磨き上げたワールドワイドなバーサタイルロッド。
ジギング対応のエクステンションバットや、トリガーを好みの位置に変更できるXシートなど新機能を満載した、システマチックルアーロッドです。


ワールドシャウラ テクニカルエディション[WORLD SHAULA Technical Edition]

細身にして強靭。
魚種、フィールドを問わず活躍するライトルアースペシャル!

世界中のルアーターゲットに対応するワールドシャウラシリーズ。
2〜4lbライン、0.6〜6gのルアーに適合するテクニカルエディションは、ワールドシャウラシリーズ中、最も細身に作られたライトルアー対応のスペシャルロッドです。
スパイラルXコアの採用で細身ながらもファイトはパワフル。
パワーランクが上がるほど先調子に設定することで、素早い泳ぎの魚に対してもドラグを有効に活用。
巻き感度を向上させるフルカーボンモノコックグリップも搭載し、エリアトラウトやライトソルト、ライトなグローバルフィッシュなど、ワールドワイドに活躍します。


ワールドシャウラ ドリームツアーエディション[WORLD SHAULA DREAM TOUR EDITION]

大いなる夢をつなぐ
ドリームツアーエディション

ロッドを機内に持ち込めるよう、仕舞寸法を55cm以内に設計されたコンパクトロッドの最高峰が、スパイラルXコア+ハイパワーX採用で生まれ変わりました。
世界各地のゲームフィッシュと戦うため、厳選された必要アイテムをラインナップ。
携行性に優れたコンパクトサイズながら、幅広いターゲット、釣り方に適応します。


ワールドシャウラBG[WORLD SHAULA BG]

バーサタイル新章。
チカラは裏切らない。

さらなる飛距離とパワーを手に入れたビッグゲーム対応スペック
ワールドシャウラBGは、海水・淡水を問わず、世界中のモンスターフィッシュに挑むためのビッグゲーム対応ロッド。
ワールドシャウラのオリジナルモデルにはない「9フィート以上」のレングス、もしくは「6番以上」のパワーを設定した、妥協なき遠投性能&モアパワーを追求するスペシャル仕様です。
オリジナルモデルと同様の仕舞寸法130cm、タフな使用に耐えるだけでなく、フィールドで一際存在感を放つスーパーレッド塗装、濡れても滑りにくいEVAストレートグリップを採用。
大物を求め日本中を、そして世界を旅するアングラーの期待に応える、「飛び」と「力」のビッグゲーム特化モデルです。

created by Rinker
¥57,200 (2021/03/06 08:55:40時点 楽天市場調べ-詳細)


スコーピオン[Scorpion]

タフでなければ、「世界」とは闘えない。
魚種、フィールドを特定せず、大自然の中でマルチに楽しむための"JAPAN STYLE"トラベルロッド。
携行性に優れた「ワン&ハーフ2ピース」「5ピース」構造、レギュラーテーパーを主軸としたロッドアクション、太糸やラインシステムにも対応する大口径ガイドなど、ルアーフィッシングの原点に立ち返った汎用性の高いロッドです。


ロッド表記の基礎知識

これからワールドシャウラシリーズやスコーピオンシリーズの番手表記の読み方に入りますが、その前にロッドの長さについて基礎知識をつけましょう。
ロッドはfeet(フィート)やinch(インチ)という単位で長さを表すのが一般的です。

  • 1feet(フィート)=30.48cm(センチメートル)
  • 1inch(インチ)=2.54cm(センチメートル)
  • 12inch(インチ)=1feet(フィート)

ロッドの長さを読む際は6feet(フィート)6inch(インチ)と読みます。
6'6"と表記されている場合も6feet(フィート)6inch(インチ)と読みます。

6feet(フィート)6inch(インチ)をcm(センチメートル)にする場合。
6feet(フィート) × 30.48cm(センチメートル)+ 6inch(インチ) × 2.54cm(センチメートル)で計算します。

6 × 30.48 + 6 × 2.54 = 182.88 + 15.24 = 198.12

つまり、6feet(フィート)6inch(インチ)は198.12cm(センチメートル)ということになります。

カタログやWebページ等から確認できるシマノのロッド全長表記はm(メートル)表記となっています。

6feet(フィート)6inch(インチ)のロッドは198.12m(メートル)

カタログやWebページでは、小数点以下を切り捨てて表記されます。
つまり6feet(フィート)6inch(インチ)のロッドは198m(メートル)と記載されています。


ワールドシャウラ テクニカルエディションの番手表記

ワールドシャウラシリーズ中、1種はオーソドックスな番手表記のものがあります。
「S66UL-2/F」等で表記されるワールドシャウラ テクニカルエディションがそれにあたります。

例)S66UL-2/F
表記は左から下記の様に読みます。

S:ロッドの種類
S=スピニング
B=ベイト

66:ロッドの全長
前の数字=フィート
後ろの数字=インチ

UL:ロッドのパワー表記
(柔) XUL=エキストラウルトラライト
    SUL=スーパーウルトラライト
    UL=ウルトラライト
    L=ライト
    ML=ミディアムライト
    M=ミディアム
    MH=ミディアムヘビー
    H=ヘビー
(硬) XH=エキストラヘビー

2:継数
2=2ピース
3=3ピース
5=5ピース

F:ティップ素材またはロッドアクション(ワールドシャウラ テクニカルエディションの場合はロッドアクション)
S=ソリッド
表記なし=チューブラー

(先調子)FF=エキストラファーストテーパー
     F=ファーストテーパー
     RF=レギュラーファーストテーパー
     R=レギュラーテーパー
     RS=レギュラースローテーパー
     S=スローテーパー
(胴調子)SS=スーパースローテーパー

特殊表記 MD=モンスタードライブテーパー(先調子)

※ワールドシャウラ テクニカルエディションの表記なしはレギュラーテーパーになります。


ワールドシャウラシリーズ・スコーピオンシリーズの番手表記

それではここから本題に入ります。
昔からスコーピオンのロッドを使用していた方は、ワールドシャウラシリーズやスコーピオンシリーズの番手表記は理解しているでしょう。
しかし、最近になって釣りを始めた方にとってはわかりにくい部分もあるはずです。
これからワールドシャウラシリーズとスコーピオンシリーズの番手表記の読み方を解説していきます。
番手表記「1652R-2」を例とします。
※ワールドシャウラ テクニカルエディションは該当しません。

例)1652R-2
表記は左から下記の様に読みます。

1:ロッドの種類
1=ベイト
2=スピニング

65:ロッドの全長
前の数字=フィート
後ろの数字=インチ

数字の2桁目が5の時だけ読み方が特殊になります。
65という数字2桁ですが、6feet(フィート)5inch(インチ)ではありません。
65という数字2桁は6feet(フィート)半。
つまり6feet(フィート)6inch(インチ)となります。

ちなみに、数字の2桁が63等、数字2桁目が5以外の場合はそのまま6feet(フィート)3inch(インチ)と読みます。

「15101F-3」や「17114R-2」等、ロッドの全長が数字3桁の場合もあります。
「15101F-3」の場合、510の数字3桁がロッドの全長を表しており、5feet(フィート)10inch(インチ)となります。
同じく「17114R-2」の場合も711の数字3桁がロッドの全長を表していますので
7feet(フィート)11inch(インチ)となります。

2:ロッドのパワー表記
[ベイトロッドの場合]
(柔) 0=L(ライト)相当
    1=ML(ミディアムライト)相当
    2=M(ミディアム)相当
    3=MH(ミディアムヘビー)相当
    4=H(ヘビー)相当
(硬) 5=XH(エキストラヘビー)相当

[スピニングロッドの場合]
(柔) 0=UL(ウルトラライト)相当
    1=L(ライト)相当
    2=ML(ミディアムライト)相当
    3=M(ミディアム)相当
    4=MH(ミディアムヘビー)相当
    5=H(ヘビー)相当
(硬) 6=XH(エキストラヘビー)相当

※ロッドのパワー表記が同じであっても番手によってパワーに違いがあります。
例)パワー表記が同じ2番「1652R-3」と「1702R-2」、「1702R-2」の方がやや強め

R:ロッドアクション
(先調子)FF=エキストラファーストテーパー
     F=ファーストテーパー
     RF=レギュラーファーストテーパー
     R=レギュラーテーパー
     RS=レギュラースローテーパー
     S=スローテーパー
(胴調子)SS=スーパースローテーパー

2:継数
2=2ピース
3=3ピース
5=5ピース


ロッドによって表記は様々

今回はワールドシャウラシリーズやスコーピオンシリーズの番手表記の読み方について解説致しました。
複雑に感じてしまうところもあるかもしれませんが、慣れてしまえば比較的容易にロッドの番手表記を読むことができます。
ただし、同じシマノ社製でも他のロッドシリーズやシマノ社製以外のロッドになると、また番手表記が違ってきます。
今回解説した番手表記はあくまでワールドシャウラシリーズとスコーピオンシリーズに限るということをご了承下さい。

引用元:シマノ

-テクニック&アイデア
-, , , , , , , ,

Copyright© Angling Log , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.