- アングリングログ -

Angling Log

テクニック&アイデア

リールをシマノのオーバーホールに出しました(ベイトリール編)

更新日:

この記事ではリールをメーカーのオーバーホールに出した際のことをまとめます。
今回はベイトリール編ということで、シマノのベイトリール、18アンタレスDC MD XGをオーバーホールに出したことについて記載します。

スピニングリールに関しては『リールをシマノのオーバーホールに出しました(スピニングリール編)』をご覧下さい。

※18アンタレスDC MD XGを計3台、18ステラ2500SHGを計1台、合計4台のリールをオーバーホールに出しました。


シマノ製品取扱店で依頼

オーバーホールの依頼は、シマノ製品を取り扱っている販売店(釣具屋さん)で受け付けてもらえます。
また、シマノのカスタマーセンターホームページから「ダイレクト修理サービス」でシマノに直接依頼することも可能です。
ブログ管理人ウィルは2020年11月25日に通い慣れている釣具屋さんで依頼しました。


リールの症状確認

18アンタレスDC MD XGの症状として気になっていたことは巻き感です。
新品で購入した時に比べて僅かにゴロツキがあるかなという感じです。
釣具屋さんにそのことを伝える、もしくは自分で伝票にそのことを記載します。
伝票には下記の様に症状をチェックする項目があります。

例)電動・両軸リール
症状:回転フィーリングにチェック
機能・部位:本体A部ギア駆動機能にチェック

後から気が付いたのですが、釣具屋さんの手違いにより「機能・部位のスプール部」にチェックがされていました。
スプール部に関しては全く不具合を感じていませんので、的外れな状態でオーバーホールに出したことになります。
※18アンタレスDC MD XG計3台全て同じ状態の伝票。


オーバーホールコースの選択

ベイトリールのオーバーホールはAコース〜Dコースまでありますが、今回はBコースを選択しました。
特に指定しなければBコースでオーバーホールすることになります。
詳細は下記をご覧下さい。


両軸リール 作業料金とコース内容

Aコース(スペシャルメンテナンス)
技術料(税抜):¥3,600
上限価格(税抜)(技術料含む):¥15,000
お客様のお持ちのリールを全分解・洗浄し、組立・調整を致します。
シマノサービス担当者の判断により、必要な部品交換を行います。

Bコース(基本)特にご指摘のない場合は、このコースとなります。
技術料(税抜):¥3,100
上限価格(税抜)(技術料含む):¥10,000
特にご指摘のない場合は、このコースとなります。
機種ごとに設定されている範囲の分解・洗浄・グリスアップ及び、シマノサービス担当者の判断により、必要なパーツ交換を行います。
主にドラグワッシャー・ギア・ベアリングなどの消耗パーツの交換になります。

Cコース(最小限の部品交換)
技術料(税抜):¥2,600
上限価格(税抜)(技術料含む):¥5,000
機種ごとに設定されている範囲の分解・洗浄・グリスアップのみ行います。
シマノサービス担当者の判断により、最小限の部品交換を行います。
回転フィーリング(ゴロ感・異音)等はお預かりした状態と変わらない場合もございますので、予めご了承下さい。

Dコース(検査・注油のみ)
技術料(税抜):¥2,100
上限価格(税抜)(技術料含む):¥2,100
作動検査と注油のみ行います。
パーツの交換が適切と判断される場合は、お見積もりを発行させて頂きます。
本コースは検査と注油のみを行うものとなっており、パーツ交換等を伴うコースではございませんので、予めご了承下さい。


メーカーからリール返却

2020年12月12日、3台の内1台の18アンタレスDC MD XGがオーバーホールを終えて戻ってきたと釣具屋さんから連絡がありました。
今回は18アンタレスDC MD XGを計3台、18ステラ2500SHGを計1台、合計4台のリールをオーバーホールに出したので、4台全て揃ってから受け取り行くこと告げました。
とは言ったものの、時間があったので18アンタレスDC MD XG計3台が戻ってきた時点で一度リールを取りに行くことにしました。


リールの状態を確認

伝票が的外れだったことに不安を残しつつ、釣具屋さんでリールの確認をします。
釣具屋さんでは何処の部品を交換したなどの情報を伝えてくれます。
そして、実際にオーバーホールに出したリールを自分で確認します。
18アンタレスDC MD XG計3台交換したパーツは全て一緒でした。
下記赤丸が付いている箇所の部品を交換しています。

伝票に不安がありましたが、巻き感のゴロツキは無くなっていました。
まるで新品の様なヌメヌメとした心地良い巻き感です。


報告書と交換した部品を確認

オーバーホールされたリールと共に報告書と交換した古い部品が渡されます。
報告書の内容は下記になります。

報告書には、
Bコースオーバーホール(各部点検及びドラグ部を含むグリスアップ)を行いました。
下記の理由の為、該当する箇所・パーツを新品とお取り替え及び調整させて頂きましたので、ご確認の程よろしくお願い致します。

●本体内部ベアリング回転ゴロツキの為。
●ドライブギアとピニオンギアのキズまたは摩耗による回転ゴロツキの為。

※スプール部につきましては、特に異常は認められませんでした。

と記載されています。

自分が気になっていた巻き感のゴロツキに関して、伝票にチェックされていなかったにも関わらず、しっかり部品交換をしてくれています。

また、釣具屋さんの手違いにより「機能・部位のスプール部」にチェックされていた件に関しても、特に異常は認められませんでしたとのこと。

報告書にもある様に交換した部品とその金額が記載されていました。

●0034 18ANTDCMD R ドライブギア ¥2,550
●0050 17EXSDC R ピニオンギア ¥2,050
●0023 BB 8×12×3.5 ARB NAS ¥1,250

3つの部品交換に関しては自分の中で想定内でした。

余談ですが、18アンタレスDC MD XGのピニオンギアは同じエキストラハイギアモデルである17エクスセンスDC XGと同一の物を使用していることを初めて知りました。

18アンタレスDC MD XG計3台の修理完了日は2020年12月8日、2020年12月9日、2020年12月10日と1日ずつ違うのが報告書から確認できました。
あくまでも目安ですが、1日1台ペースでオーバーホール作業が完了する様です。


オーバーホールに要する日数

今回18アンタレスDC MD XGを釣具屋さんに預けたのが2020年11月25日。
最早で戻ってきたのが2020年12月12日。
これも目安ですが、最短2週間半程でオーバーホールを終え、戻ってくる様です。
しかし、18ステラ2500SHGに関しては2020年12月24日現在、まだ釣具屋さんから連絡がきていない状態です。
オーバーホールに要する期間はリールによって様々といったところでしょう。


オーバーホールに掛かる料金

オーバーホールに掛かる料金はオーバーホールのコースによって変わります。
今回はBコースを選択しています。
技術料(工賃)の¥3,100に関しては必ず掛かる料金です。
部品代に関しては¥3,100を含む、上限¥10,000までの範囲で部品交換を行いますので、部品代は最高でも¥6,900まで。
つまり、オーバーホールは¥10,000以内に収まるということ。
今回18アンタレスDC MD XGに掛かった料金は下記になります。

技術料(税抜):¥3,100
部品代(税抜):¥5,850
技術料(税抜)+部品代(税抜)=合計¥8,950
税抜き価格で記載されていますので、正確には合計¥9,845となります。

そして、今回は18アンタレスDC MD XGを計3台オーバーホールに出しています。

¥9,845×3台=合計¥29,535

結構な金額となります。


リールと長く向き合う為に

2018年に発売された18アンタレスDC MD XGですが、発売されてから約3年間程使っていたことになります。
3年間使用していれば巻き感にゴロツキが出る位は仕方がないことだと思っています。
オーバーホールに出すことでお金が掛かってしまいますが、新品の様になって返ってきます。
定期的にオーバーホールに出すことで、愛用のリールと長く向き合うことができますので、お使いのリールをオーバーホールに出すことを検討してみてはいかがでしょうか。

最後に、オーバーホールはリールの製造メーカーに出すことを強くお勧め致します。
トラブルを避けるためにも、リールを作っているメーカーに依頼するのが一番です。

-テクニック&アイデア
-, , , , , ,

Copyright© Angling Log , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.