- アングリングログ -

Angling Log

製品紹介

ダイワ 新製品 スティーズ スナッピーフロッグ

投稿日:

この記事では新たに発売となる製品をご紹介致します。
今回ご紹介する製品はダイワのバスルアー、スティーズ スナッピーフロッグです。

引用元:ダイワ


スティーズ スナッピーフロッグ[STEEZ SNAPPY FROG]

水面直下ドッグウォーク対応のコンパクトシンキングフロッグ。
チキータフロッグと比べ、ボディ先端が尖っており、より軽快にカバーをすり抜けてくることが可能。
アクション自体もよりスピード感のあるベイトライクな演出が可能。
最大の特徴は浮力の無さ。
水が入るとシンキング化し、この状態での水面直下ドッグウォークが驚異のバイト数を誇る。

シンキングフロッグという新ジャンルを開拓した意欲作
この5年間、フロッグゲームを追求してきたDAIWAだから発想できた、シンキングフロッグというまったく新しいジャンル。
フロッグに水が入ったらフッキングできないだろう、という既成概念を完全にブチ破った。
実は全く問題なくフッキングできるし、それどころかそれまで釣れなかったバスも飛びついてくる破壊力を持っている。
そもそも出発点はフロッグを水中でドッグウォークさせたいという発想。
ここ数年、霞ヶ浦あたりでビッグベイトでの釣果が多数見受けられるが、実はビッグベイトをドッグウォークさせて釣っていることが多い。
この釣りをフロッグで実現できないか。
ビッグベイトでは根掛かりのリスクもあり、カバーをタイトに攻められない。
その点、フロッグなら根掛からないため、思い切って攻めることができる。
タマネギの際でも使用が可能だ。
始まりは、もともと浮力の低いSTEEZ POPPER FROG Jr.に水を入れて試してみた。
するとフッキングは問題なし。
ただし、フロントカップがあるから引っ掛かるし、素早い動きができない。
そこから水中ドッグウォーク専用機種の開発が始まった。
その結果生まれたのが低浮力という新しい構造を持ったSTEEZ SNAPPY FROG。
低浮力はそれだけで吸い込みもいいというメリットがあり、水中での勝負なので風にも強い。
ノーマルだと5cm程度のサブサーフェスを泳ぐが、自分で水を入れればバックスライド気味に沈んていくし、50〜60cmまでのレンジを選んで引ける。
先端が尖っているのでカバーのすり抜けも良く、シングルスカートがクイックな動きを演じてくれる。
抵抗の少ないシングルスカートのなびき方も綺麗で、シャッドっぽく見せることもできる新しいフロッグのカタチだ。
水中でのドッグウォークはバスにとっても新鮮で、霞ヶ浦などの大場所を初め、あらゆるリザーバーなどでも大いに威力を発揮することは間違いない。
※2021年4月発売予定


スティーズ スナッピーフロッグスペック表


スティーズ スナッピーフロッグカラーバリエーション

  • ホワイトブラック
  • スイカ
  • ネズミ
  • ブラック
  • アユ
  • ブルーギル
  • チャートバック


スティーズ スナッピーフロッグフィーチャー

驚異の貫通力でチャンスを逃さない“SaqSas(サクサス)”

従来メッキ処理では実現できなかった驚きの貫通力を持つ表面処理テクノロジー。
ハリの表面にフッ素系特殊プレーティング加工を施すことで、刺さり性能は従来の塗装ハリに比べて最大40%(平均20%)アップ(ダイワ社比)。
今まで合わせきれなかった小さなアタリやショートバイトも逃さずキャッチ。
今までのハリと一味も二味も違う「サクッと刺さる」感覚は、一度体感すると忘れがたいものとなるはずだ。
なお、非常によく刺さるハリとなっているため、取り扱い時にはこれまで以上に注意していただきたい。

FECO(日本バスクラブ)認定商品

-製品紹介
-, , , , ,

Copyright© Angling Log , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.