- アングリングログ -

Angling Log

製品紹介

ダイワ 新製品 ふく零 + ふく壱

投稿日:

この記事では新たに発売となる製品をご紹介致します。
今回ご紹介する製品はダイワのバスルアー、ふく零とふく壱です。


ふく零

引用元:ダイワ


ふく零[FUKU ZERO]

多彩な使い方が魅力のハイピッチウエイククランク。
スローリトリーブ〜ハイスピードリトリーブまで対応する幅広いただ巻き性能と、細かいドッグウォークにも対応するレスポンスが特徴。
フックアイがオープンヒートンアイになっており、ブレードを直結するなどのチューニングも可能。
基本的に投げて巻くだけで扱い易いため、トップウォーターの釣りが初めての方にもオススメできるクランクベイト。
※2021年4月発売予定


ふく零スペック表


ふく零カラーバリエーション

  • チャートバック
  • シトラスチャート
  • スプラッターとまと
  • トラフグ
  • デメニギス
  • ブリーム
  • 笹濁りグリッター
  • スプラッターなすび


ふく零フィーチャー

驚異の貫通力でチャンスを逃さない“SaqSas(サクサス)”

従来メッキ処理では実現できなかった驚きの貫通力を持つ表面処理テクノロジー。
ハリの表面にフッ素系特殊プレーティング加工を施すことで、刺さり性能は従来の塗装ハリに比べて最大40%(平均20%)アップ(ダイワ社比)。
今まで合わせきれなかった小さなアタリやショートバイトも逃さずキャッチ。
今までのハリと一味も二味も違う「サクッと刺さる」感覚は、一度体感すると忘れがたいものとなるはずだ。
なお、非常によく刺さるハリとなっているため、取り扱い時にはこれまで以上に注意していただきたい。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥713 (2021/03/04 21:55:36時点 Amazon調べ-詳細)


ふく壱

引用元:ダイワ


ふく壱[FUKU ICHI]

オカッパリで使いやすい根掛かりしにくいクランクベイト。
バスは根掛かりしそうなところに潜んでいることが多く、そのような場所に送り込めるクランクベイトとして開発。
オカッパリのクランクベイトとしてはややロングリップな印象であるが、このリップは潜るリップというよりも障害物を躱すリップ。
浮力も高めの設定で、障害物をスルスルと躱してくれる。
カバークランキング入門としてオススメ。
※2021年4月発売予定


ふく壱スペック表


ふく壱カラーバリエーション

  • チャートバックBN
  • シトラスチャート
  • スプラッターとまと
  • トラフグ
  • デメニギス
  • ブリーム
  • 笹濁りグリッターBN
  • スプラッターなすび


ふく壱フィーチャー

リアフックアイポジション

リアフックを通常のルアーに比べ、腹側に位置させている。
これは、クランクがカバーから抜けるときに反転し、背中側から抜けることがあり、この時に背中側から飛び出た針がカバーを拾い根掛かりするという現象を解消するためである。
枝が密集したウッドカバーでもすり抜け、バイトチャンスを増大させる。

かわすためのリップ

障害物に当てるためのリップ。
一見1mダイバーとしては長いリップに見えるが、このリップは潜行深度よりも障害物を躱すためのに付けられたリップ。
最大潜行深度は2mだが、1mのレンジを攻めることを意識して開発しているため、オカッパリでシャロークランクとして使用してほしい。

大型フック

5cmクラスのボディではまず採用されない#4という大型フックを採用。
カバーに潜むデカバスを意識した仕様としている。
大型フックはフックの絡みというストレスが心配されるが、敢えて極端に近づけることで、近すぎて絡みにくいという現象を作り出し、フック絡みの解消と大型フック搭載によるフッキング性能の向上という2つのメリットを得た。

驚異の貫通力でチャンスを逃さない“SaqSas(サクサス)”

従来メッキ処理では実現できなかった驚きの貫通力を持つ表面処理テクノロジー。
ハリの表面にフッ素系特殊プレーティング加工を施すことで、刺さり性能は従来の塗装ハリに比べて最大40%(平均20%)アップ(ダイワ社比)。
今まで合わせきれなかった小さなアタリやショートバイトも逃さずキャッチ。
今までのハリと一味も二味も違う「サクッと刺さる」感覚は、一度体感すると忘れがたいものとなるはずだ。
なお、非常によく刺さるハリとなっているため、取り扱い時にはこれまで以上に注意していただきたい。

-製品紹介
-, , , ,

Copyright© Angling Log , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.